本の購入を決断した先に福が待っていた!

考え抜いて決断する事は良い結果につながると実感する出来事がありました。
家から車で片道30分程かかる場所に、新鮮な海産物や美味しい惣菜を売っているお店があり、久しぶりにそこへ自家用車で一人出かけました。

その途中には時々利用するの古本屋があるので、せっかく遠出したついでにと行きがけに立ち寄ってみると、そこでちょうど欲しい資格試験の参考書が入荷されていました。
その古本屋では千円以上で一度福引が出来るイベントが行われていて、参考書の他に一冊程買えば一度引けるのがわかり、どうするか暫く考えました。

しかし本来の目的は別のお店なので、一旦古本屋を出て目的地へ行き、家で調理するための生魚や惣菜を買って、目的は果たしました。
帰路へ着いたものの、まだ古本屋の事を諦めきれていませんでした。
古本屋で見つけた参考書は確かに私が合格を目指す資格試験の勉強に役立つものなのですが、ネットで見かける口コミでは評価が高いものではなかったのです。
しかし評価が悪いわけでもなく、中途半端なところが悩みどころでした。

しかし古本屋へ近づく途中で、決断をしました。
ここで購入すれば新品よりも安価で手に入るし、福引も出来る。
ここで買わずに帰ったら、新品で参考書を買うにしても、私の優柔不断な性格から恐らく、どれが本当に自分に合うものか迷うはず。
だったら巡り合いを信じて、今日見つけた参考書を買うべきだ!
再び古本屋へ行き、参考書と他に本を二冊買い、福引を一度してみると、なんと一等!
商品は500円分の商品券で、金額は決して高くありませんがとても嬉しかったです。
決断には良い結果につながるものだと、悩みぬいて決断した自分を褒めながら家へ帰りました。